2008年06月15日

巨人

野球の巨人軍、ジャイアンツのことです。
私も大昔はジャイアンツのファンでした。
その当時は、巨人が試合に負けるとご飯も食べたくないほどの入れ込みようでした。
今は、野球を見なくなってしまい、巨人というよりも野球そのものへの興味を失いつつあります。
従って、今では、巨人が勝とうが負けようがどうでもよく、非常に冷静に試合を見ることができます。

それに対し、私の家族は野球が好きです。
特に、巨人が大好きです。
ですから、巨人戦の放送がある時には、必ずと言っていいほど巨人の試合が映っています。
巨人戦の放送はだいたい夜の7時くらいから始まります。
ちょうどその頃は、我が家の夕食時です。
必然的にみんな巨人戦を見ることになります。

それにしても、今年も巨人は弱いですね。
私も熱狂的ファンだった時代がありますから、同じようなファンの方の悲しみや苦しみは理解できます。
最近の巨人を見ていて感じたことがありますので、書いてみたいと思います。

まず、なぜ巨人はあれだけのスター選手を擁しながら、得点力がないのでしょう?
それが第1の疑問として浮かんできます。
巨人は、全球団中でもお金持ちですから、他球団から主力級の選手を引き抜くことができます。
現に、いままでそういうことをしてきています。
清原、ペタジーニ、小笠原、ラミレス、・・・・。
しかし、彼らが満足な活躍をしている(あるいはしていた)と言えるでしょうか?
残念ながら私はそう思いません。
彼らスター選手は、もらった年俸に見合うだけの働きをしていないと思います。
だから、巨人は結果を残せていないんだと思います。

では、選手が悪いのでしょうか?
そもそも、選手が悪いのであれば、巨人は高いお金を出してその選手を獲得しようと思ったでしょうか?
もちろん、そうは思いませんよね。
いいと思ったから獲得したわけです。
事実、獲得する前までは活躍していたわけです。
そんな彼らが、巨人に入ってからは満足な成績を残していません。
なぜ????
私が思うに、きっとそれは、選手側に問題があるのではなく、球団側に問題があるのではないでしょうか。
つまり、プレーヤーではなく指導・管理者の問題ということです。
ここ数年の巨人が獲得したバッターのタイプを見ると、ほとんどが長距離バッターです。
どうも巨人は、ホームランバッターばかりを揃えたがります。

確かに、全員がホームランを打てる打線というものは相手にとって脅威です。
それが、狙い通りの働きをした時には、無敵の強さを誇ることでしょう。
しかし、現実問題としてそんなに思い通りになるはずはありません。
4番バッターばかり揃えようとすると、選手間でライバル心が芽生えます。
それがお互いを切磋琢磨しようとする方向にだけ働けば最高ですが、アマチュアと違ってプロはそう甘くはありません。
そのライバル心が、やがてはねたみや猜疑心に変わって、まとまりのないばらばらなチームになっていくのです。

本来、1から9番の打順には意味があると思います。
トップバッターは足の速さを生かして、なんとか塁に出ることを考えます。
2・3番は最低でも走者を2塁→3塁へと進めます。
そして、4番はその走者を本塁に戻して得点につなげるのです。
最低でも犠牲フライ、できればホームランを打ちたいところです。
こうして、それぞれが役割を分担し、お互いに期待することによってチームワークが生まれていくんだと思います。
しかし、すべてが4番打者だと役目はみな同じです。
活躍するためには、他の選手を押しのけてでもということになってしまいます。
これでは、チームとして機能するのは難しいでしょう。

巨人の指導者採用にも問題があります。
巨人の監督はもとより、コーチ陣のほとんどは、巨人の生え抜きです。
現役時代をずっと巨人で過ごし、引退した後は、コーチ・監督としてチームに残ります。
同じチームにすっといるので、チームのことをよく理解していると思いますが、はたしてそれが指導者としての第1条件なのでしょうか?
もちろん、そんなはずはありません。
監督やコーチはどれだけ「引き出し」を持っているか?それが一番大事だと思います。
「引き出し」=指導のノウハウ、技術の豊富さ、戦略の多彩さ、人事管理の妙などです。
これらが優れていれば、生え抜きであるかどうかは問題にならないと思います。
しかし、なぜか巨人はその「純血」にこだわるのです。

ドラフト制度のない時代、巨人はその豊富な資金力に物言わせ、有望選手を独占しました。
そして、前人未到の9連覇を成し遂げたこともあったのです。
その時の記憶が、巨人上層部の頭の奥深くに染み付いていて、球界盟主という呪縛から心を解き放つことができないのではないでしょうか。

時代は変わりました。
幻想を追いかけていても、それをつかみ取ることはできません。
早く我に返り、周りをよく見て、自分たちに何が欠けているのかを判断しなければなりません。
そこから、本当のチーム作りが始まるのです。
「選手が悪い」
と言っているうちは、同じ過ちを繰り返すばかりです。

今後の展開に期待します。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

カナダGP

1 R.クビサ BMW Sauber 1:36:24.447
2 N.ハイドフェルド BMW Sauber 16.495
3 D.クルサード Red Bull 23.352
4 T.グロック Toyota 42.627
5 F.マッサ Ferrari 43.934
6 J.トゥルーリ Toyota 47.775
7 R.バリチェロ Honda 53.597
8 S.ベッテル Toro Rosso 54.120
9 H.コバライネン McLaren 54.433
10 N.ロズベルグ Williams 57.749
11 J.バトン Honda 1:07.540
12 M.ウェバー Red Bull 1:11.229
13 S.ブーデ Toro Rosso 1L
DNF G.フィジケラ Force India 19L

DNF 中嶋 一貴 Williams 24L
DNF F.アロンソ Renault 26L
DNF N.アンジェロ・ピケ Renault 31L
DNF K.ライコネン Ferrari 51L
DNF L.ハミルトン McLaren 51L
DNF A.スーティル Force India 57L


ダントツの速さで終始リードを守り、余裕で優勝できればそれに越したことはありません。
しかし、現代F1はそんなに甘くありません。
無敵とも思えるフェラーリでさえ、落とし穴はあるのです。

モナコもそうですが、今回のようにあらかじめアクシデントが多いとわかっているサーキットのレースは、いかに生き残るかが重要です。
当然の話ですが、最後まで走らなければ優勝はありません。
途中、どんなに素晴らしいラップタイムで周回したとしても、リタイヤしてしまっては何にもなりません。
こういうサーキットでは、いかに速く走るかよりも、いかにアクシデントを避け最後まで走っているかを考えることが勝利への近道なのです。

そういった意味では、今回のルイス・ハミルトンに対するペナルティーは致し方ないものでしょう。
ハミルトンは、素晴らしい速さを持っていますが、注意深さが不足していました。
彼はモナコを制していますが、自身のトラブルがなければもっと楽に勝っていたでしょう。
経験不足から来るものか?性格によるものか?
天は彼に二物を与えなかったのでしょうか。

ウィリアムズの中嶋は前戦のモナコ同様、落ち着いたレース運びをしていました。
一時は、3位を走行していて、表彰台さえ視野の中にあったのです。
私にとって理解できないのは、なぜ、ウィリアムズは彼に1ストップ作戦を取らせなかったのかということです。
結局3位表彰台は難しかったにせよ、上位入賞は十分望めました。
まあ、重いと極端に遅かったのかもしれませんが・・・・。

ロベルト・クビサとニック・ハイドフェルドには申し訳ありませんが、BMWが1−2フィニッシュしたという時点で、通常のレース運びではなかったということがわかります。そして、そういう荒れたレースで確実に生き残っている者こそが、栄誉を受ける資格を持っているのです。

ぜひ、中嶋にはそういうドライバーになってもらいたいです。
そして、佐藤琢磨はそういうレースができるドライバーに成長したと思います。
彼に必要なのは、それを証明するためのシートです。

ホンダさん。用意してくれませんか?

それでは。
posted by onaji_chorui at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

のど自慢

NHKのど自慢って見たことありますか?
日曜日のお昼頃に放送している番組です。
私、好きな番組はいろいろあります。
でも、この番組ほどに嫌いなものはありません。

見る方によっては、「面白い」であったり、「微笑ましい」と感じる番組なのでしょう。
私もそういう側面があることは認めます。
しかし、私がこの番組を嫌いな理由は別なところにあります。

NHKは公営放送です。
衛星放送ってありますよね。
あれを始めたのがNHKだということをご存知ですか?
離島などの遠隔地や難視聴地域、いわゆる「電波過疎地」をなくすために始めたのが衛星放送でした。
つまり、日本全国津々浦々、どこにいてもNHKが見られるようにとの配慮からです。
視聴者すべてを平等に扱おうということですね。
これは、NHKの考え方がいい方向に出た事例です。

で、私が嫌いなのど自慢です。

ここで、のど自慢のシステムを簡単に説明します。
まず、土曜日に予選会を行います。
この予選を通過した方のみが、日曜日に行われる本戦に出場できるのです。
そこでは、歌の上手さに応じて鐘の音が鳴らされ(上手なほど鐘の音が多い)、本当に上手な方にはたくさんの金の音が鳴らされ「合格者」と呼ばれます。
そして、その「合格者」の中から「今週のチャンピオン」が選ばれるわけです。
こうやって書くと、どこにでもありそうな番組構成ですね。
しかし、NHKは他とは違うのです。
のど自慢を見ているとあることに気付きます。

「なぜ、この人が予選を通過できたのだろう?」

どう聴いても、上手とはほど遠い。
そんな人が複数います。
一方で、「合格者」になる人は上手な人ばかりです。
いったいなぜ、お世辞にも上手とは言い難い人が、予選を通過できるのでしょうか?
もし、歌の上手な人の中から一番を選びたいのなら、うまいと思われる人だけ予選を通過

させればよいのです。
通常、予選とはそういうものです。
しかし、そういう考え方に当てはまらない人も予選を通過し、本選に出場しています。
ここに、私の嫌いなNHKの考え方があります。
最終的に選ぶ「今週のチャンピオン」は、あくまでも一番上手な人です。
しかし、NHKは民放とは違うというところを見せたいのでしょう。
あえて、子供やご年配の方、歌は上手ではないが振りが派手な人を織り交ぜて面白くしているつもりなのです(これを、上に書いたように、面白いとか微笑ましいと感じる方もいるでしょう。どなたかがそう感じることに対して異議を唱えるつもりは毛頭ありません。それはその人の自由ですから。)。
私に言わせれば、中途半端なのです。
本当に優秀さを競わせたいのなら、そのようにすればいい。
おもしろさを追求したいのなら、お笑い芸人のような人ばかりを予選通過させればいい。
それをどれも同時にやろうとするから、中途半端に見えてしまうのです。
もし、いろいろなタイプの出場者を予選通過させるのなら、「今週のチャンピオン」にも様々な人がいていいはずです。
一番動きが派手だった人とか、一番音程を外した人とか。
しかし、そうはなっていません。
あくまでも「今週のチャンピオン」は一番上手だった人です。
私は、このように番組の目的と過程の乖離が嫌いなのです。

嫌いな点はもう1つあります。
それは、司会のアナウンサーに関してです。
先に書いたように、出場者にはいろいろなタイプの人がいます。
それらの人を大きく分けると、次の3つの分けられると思います。
1.歌を聞かせたい人
2.ウケを狙っている人
3.それ以外の人
いろいろなタイプの出場者がいるにもかかわらず、アナウンサーの対応は一辺倒です。
1.の歌を聞かせたいと思っている(自分の歌に自信がある)人ばかりなら、紳士的な物静かな対応だけでもいいのかもしれません。
しかし、ウケを狙おうとして出ている人にまで、物静かな対応はどうでしょう?
せっかく出場者が会場を盛り上げようとしいる(実際に盛り上がっているかどうかは別問題です)のに、アナウンサーが冷静な対応をして会場の雰囲気を静めようとしているようにさえ見えてしまいます。
司会者としては、そういう出場者の気持ちを汲み取り、自らもバカになって一緒に盛り上げる努力をするべきだと思います。
そしてもし、幼児の出場者と話すときは、
「どこからきたんでしゅかぁ〜?」
なんていう風に赤ちゃん言葉で話すくらいしていいと思います。
一応、アナウンサーも自分なりに努力しているようには見えます。
でも、その努力が中途半端です。
なりきっていない、徹していないのです。
きっとその背景には、

「自分はNHKのアナウンサーである」

というプライドがあり、バカになったり、赤ちゃん言葉で話すことの妨げになっている気がします。

結局、どちらにしても中途半端、これに尽きます。
もし、そういう部分が変われば、私にとっても興味がわく番組になるかもしれません。


・・・・ところで、
ここまで読んでくださった方の中には、ある疑問がわいているかもしれません。

「なぜ自分の嫌いな番組の内容を知っているのか?」
「嫌いなら見ないはずでは?」

と。
確かに、その通りです。
私としては見たくありません。
しかし、この番組を放送しているのは日曜日のお昼時です。
そう、ちょうど昼食の時間帯です。
家族が食堂に集まって、お昼ご飯を食べている時なのです。
しかも、私以外の家族はのど自慢が好きです。
私は、仕方なく、付き合わされる形で見ているわでけです。
それで、いやでも内容がわかってしまったのです。
私としては、平日のお昼にでもやってほしいです。
その時私は、職場の食堂にいますから。

なかなか、思い通りにはいかないものですね。
それでは。
posted by onaji_chorui at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。