2007年01月09日

日本GPのサポートレース

昨年まで20年間続いた鈴鹿の日本グランプリ。
ここ数年のことしかわかりませんが、サポートレースはインテグラレースでした。
シビックレースなんかもやったことがあるかもしれません。

そして今年から始まる富士スピードウェイでの日本GPはビッツレースがサポートレースに決定しました。

でも、みなさん。
ちょっと考えてみてください。
このサポートレースってちょっとショボイと思いません?
F1のサポートレースですよ!
それが市販車のしかも大衆車クラスのレースですか?

これがF1ではなく、F3とかFJとかならわからないことはありません。
でも、F1とインテグラ、シビック、ビッツではあまりに違いすぎてサポートにならないと思います。

ちなみにヨーロッパのF1ではGP2がサポートレースになる例が多いようです。
それが普通だと思います。
日本でいえばフォーミュラ・ニッポンですね。
そのくらいでなければF1とは釣り合いません。
百歩譲って、F3でしょう。

私は別にインテグラやシビック、ビッツに怨みがあるわけではありません。
ましてや、それらのレースをしている人たちをバカにしているわけでも、それらのレースを蔑視しているわけでもありません。

ただ、F1のサポートレースとしてはどうでしょうか?と言いたいだけです。
サポートレースというからには、本命レースの盛り上げ役のはずです。
そのためには、同じような外見で少し遅いくらいのカテゴリーの方が、本命レースが引き立って見えると思います。
あまりに性能や外観・インパクトが違いすぎると比較対象になりません。

ちなみに、今年の開幕戦、オーストラリアGPのサポートレースはサイドカーレースになりそうだとか。
サイドカーレースはあまり見たことがありませんが、初めて見たときは驚きました。
スピードやラップタイムがどうとかいうより、そのド派手さにです。
サイドカーレースではドライバー以外にもう1人乗り込みます。
その人の役目はただ乗っているだけではありません。
コーナーがくるたびに右に左にと体を大きく動かして重心を移動させます。
つまりバイクでいうハングオンのようなことをやるのです。
初めて見る方はきっとド肝を抜かれますよ。

やはり世界最高峰レースのサポートには速さやド派手さが必要です。
これからしばらくの間日本GPを取り仕切るトヨタさん。
もう少しF1にふさわしいサポートレースを考えてくださいよー。
是非ともお願いします。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。