2007年08月02日

ナイトレース

来期のF1暫定カレンダーが発表されたのは既報の通りです。
その間、開幕戦オーストラリアGPがナイトレースを実施できるのかに焦点が集まっていました。
しかし、オーストラリアGP主催者は諸般の事情からナイトレース開催を断念し、開幕戦落ちを覚悟したにもかかわらず暫定カレンダーでは開幕戦にスケジュールされていたというのは驚きでした。
これは記憶に新しいところでしょう。

これで、来期ナイトレースはなしかと思っていましたが、どうやらそうではなさそうです。

このことについてシンガポールGP関係者は、
「安全性に問題がなければナイトレースを行う」
意向であるというのです。

おそらくは、バーニー・エクレストン氏の意向が色濃く反映された発表ではないでしょうか?
エクレストン氏はヨーロッパのゴールデンタイムから外れるレースにナイトレースを当てたいと考えていました。
当初のコースでは実現不可能だったため、新規参入GPにナイトレース実行を条件としたのかもしれません。

ナイトレースについてはその安全性に疑問の声もあり、その実証試験の一環としてアメリカでオフィシャルカーを使った夜間走行試験が行われています。
しかし、本格的なF1マシンを使ったテストは行われておらず、疑問の声に答え切れているかはまさに疑問です。

これらの背景には、F1グランプリがヨーロッパ中心からそれ以外の地域に拡大してきたことによる視聴しやすい時間帯からの乖離があります。
いわゆる時差の問題です。
本来ならヨーロッパが深夜の時間帯に行われるレースを現地時間の夜行うことによってヨーロッパでも見やすくしようとの考えから生まれた発想です。

F1の放送権料を最大の収入源とするバーニー・エクレストン氏の考えそうなことです。
このことだけを取ってみても、F1とはまだまだヨーロッパ中心のモータースポーツなのだと思わされてしまいます。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:46| Comment(0) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

都心でF1?&マスターズF3
Excerpt:  今週末はベルギーのゾルダーでマスターズF3が行われユーロF3に参戦している ニコ・ホーヘンバーグ(ヒュンケンベルクとか呼び方が定まっていません)が 2位に6秒以上つき放し優勝しました。  A1グラン..
Weblog: 子無零 すこぴおのタイトル(必須)
Tracked: 2007-08-13 20:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。