2008年05月06日

スーパーアグリ、パドック入場拒否さる

いったいどういうことでしょう?
F1にエントリーしているチームのトランスポーターがパドックに入ることを拒否されるなんて!
私が知っている範囲では、初めてのことです。

チームクールはサーキットに到着していましたが、トランスポーターが入れないため準備が出来ない状態です。
また、この時点ではマシンはまだ英国内に置いたままの状態でした。
なぜ?
と思いますよね。
実は、第4戦スペインGP参戦のため、スーパーアグリはホンダの緊急支援を受けていました。
ホンダにとっては予定外の出費であり、このためにスーパーアグリのマシンはホンダの管理下に置かれていたのです。

そして、今回の騒動で重要なポイントは、入場拒否のきっかけを作ったのがホンダF1のCEOであるニック・フライだったということです。
インターネットでも話題になっている通り、多くの人が思ったことを私も感じました。
それは、
「なぜ、ニック・フライが?」
ということです。
これも多くの方が言われていることですが、ニック・フライはホンダF1チームのCEOであって、ホンダ本体の人間ではありません。
そのような立場の人間がなぜ他のチームの機材搬入を阻止できるのでしょう?
しかし、それが有効に機能していたのです。

このニュースに触れたとき、私はスーパーアグリF1チームの1ファンとして、物事を冷静に見ることが出来ず、怒りを覚えてしまいました。
しかし、少し時間を置いてみると、ニック・フライ個人やホンダF1チームだけの判断でこのようなことを出来るはずがありません。
背景には、ホンダ本体の意思があったはずです。
そう思うと仕方のないことなのかとも思ってしまいます。
もちろん、スーパーアグリのファンとしてはなんとしても出走してほしいと思います。
本当に複雑な気持ちです。


ところで、スーパーアグリに関しては、F1史上初の出来事がいくつかあります。
1つは言うまでもなく、井出有冶のスーパーライセンス剥奪です。
これは本当に残念なことでした。
確かに、彼にとっては準備不足でした。
しかし、それは彼個人の問題ではなく、チームの問題でした。
井出有冶としては、チームのツケを払わされたようなものです。
事情を知らない人から見れば、なんと不名誉なことかと思われるかもしれませんが、そんなことはないと思います。

そしてもう1つは、今回のパドック入場拒否(過去に同様のケースがあったのかは調べていませんが・・・・)です。
これ以外にも、純国産チームであるなどのことがあります。


そのようなことはありますが、何とかこの問題を解決して、レースに参加してもらいたいと思います。
それがファンの切なる願いです。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97151108
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。