2008年08月31日

びっくりした

ときどき、私のブログを訪問していただいている方がいればお分かりになっている通り、しばらくこのブログを更新していません。
言ってみれば、ほったらかし状態です。
理由は、SAF1の撤退です。
そして、同時に佐藤琢磨のシートがなくなったことです。
私自身、このショックからまだ立ち直ることができず、うだうだしている状態です。
うだうだしているだけでなく、F1を見る気力すら失ってしまいそうです。

 過去のF1を振り返ってみると、今までにも日本人ドライバーがいない時期はありました。
しかし、それでも私はF1を見続けていたのです。
なぜだろう?自問してみました。
でも、答えはすぐに出ました。
それは、佐藤琢磨が今までの日本人F1ドライバーに比べて特別な存在だったからです。
私もみなさんと同じように、日本人がF1を走っていれば、それが誰であれ応援します。
それは当然ですが、いざ、F1に行ったとき、ほかのドライバーと争える実力を持っているかどうかで、応援に入る力が違ってきませんか?
そういった意味で、佐藤琢磨の消失感は他の日本人F1ドライバーのそれを凌駕しているのです。
まあ、似たようなことは、鈴木亜久里氏、片山右京氏のときにもありました。
しかし、彼らは「引退」という自ら決めた決断でした。
それは、見ている我々にも、一定のあきらめと納得を与えるものでした。
今回の佐藤琢磨はそうではなかったことも大きいです。

 以上までの内容になぜ「びっくりした」というタイトルが付くのか?と言いますと、実は、久しぶりに自分のブログをチェックしてみると、アップした覚えのない記事が出ているではありませんか。
これには正直動揺しました。
あまりにほったらかしにしていたため、誰かにブログを乗っ取られたのだろうかとさえ考えました。
しかし、記事をよく読んでみるとそれは私の誤解であることがわかりました。
1ケ月以上記事をアップしないと、自動的にそういう記事が載るようになっているようです。
安心したと同時に、なにか書かなきゃと思いこの記事を書いたわけです。
まあ、きまぐれです。
それでは。
posted by onaji_chorui at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

巨人

野球の巨人軍、ジャイアンツのことです。
私も大昔はジャイアンツのファンでした。
その当時は、巨人が試合に負けるとご飯も食べたくないほどの入れ込みようでした。
今は、野球を見なくなってしまい、巨人というよりも野球そのものへの興味を失いつつあります。
従って、今では、巨人が勝とうが負けようがどうでもよく、非常に冷静に試合を見ることができます。

それに対し、私の家族は野球が好きです。
特に、巨人が大好きです。
ですから、巨人戦の放送がある時には、必ずと言っていいほど巨人の試合が映っています。
巨人戦の放送はだいたい夜の7時くらいから始まります。
ちょうどその頃は、我が家の夕食時です。
必然的にみんな巨人戦を見ることになります。

それにしても、今年も巨人は弱いですね。
私も熱狂的ファンだった時代がありますから、同じようなファンの方の悲しみや苦しみは理解できます。
最近の巨人を見ていて感じたことがありますので、書いてみたいと思います。

まず、なぜ巨人はあれだけのスター選手を擁しながら、得点力がないのでしょう?
それが第1の疑問として浮かんできます。
巨人は、全球団中でもお金持ちですから、他球団から主力級の選手を引き抜くことができます。
現に、いままでそういうことをしてきています。
清原、ペタジーニ、小笠原、ラミレス、・・・・。
しかし、彼らが満足な活躍をしている(あるいはしていた)と言えるでしょうか?
残念ながら私はそう思いません。
彼らスター選手は、もらった年俸に見合うだけの働きをしていないと思います。
だから、巨人は結果を残せていないんだと思います。

では、選手が悪いのでしょうか?
そもそも、選手が悪いのであれば、巨人は高いお金を出してその選手を獲得しようと思ったでしょうか?
もちろん、そうは思いませんよね。
いいと思ったから獲得したわけです。
事実、獲得する前までは活躍していたわけです。
そんな彼らが、巨人に入ってからは満足な成績を残していません。
なぜ????
私が思うに、きっとそれは、選手側に問題があるのではなく、球団側に問題があるのではないでしょうか。
つまり、プレーヤーではなく指導・管理者の問題ということです。
ここ数年の巨人が獲得したバッターのタイプを見ると、ほとんどが長距離バッターです。
どうも巨人は、ホームランバッターばかりを揃えたがります。

確かに、全員がホームランを打てる打線というものは相手にとって脅威です。
それが、狙い通りの働きをした時には、無敵の強さを誇ることでしょう。
しかし、現実問題としてそんなに思い通りになるはずはありません。
4番バッターばかり揃えようとすると、選手間でライバル心が芽生えます。
それがお互いを切磋琢磨しようとする方向にだけ働けば最高ですが、アマチュアと違ってプロはそう甘くはありません。
そのライバル心が、やがてはねたみや猜疑心に変わって、まとまりのないばらばらなチームになっていくのです。

本来、1から9番の打順には意味があると思います。
トップバッターは足の速さを生かして、なんとか塁に出ることを考えます。
2・3番は最低でも走者を2塁→3塁へと進めます。
そして、4番はその走者を本塁に戻して得点につなげるのです。
最低でも犠牲フライ、できればホームランを打ちたいところです。
こうして、それぞれが役割を分担し、お互いに期待することによってチームワークが生まれていくんだと思います。
しかし、すべてが4番打者だと役目はみな同じです。
活躍するためには、他の選手を押しのけてでもということになってしまいます。
これでは、チームとして機能するのは難しいでしょう。

巨人の指導者採用にも問題があります。
巨人の監督はもとより、コーチ陣のほとんどは、巨人の生え抜きです。
現役時代をずっと巨人で過ごし、引退した後は、コーチ・監督としてチームに残ります。
同じチームにすっといるので、チームのことをよく理解していると思いますが、はたしてそれが指導者としての第1条件なのでしょうか?
もちろん、そんなはずはありません。
監督やコーチはどれだけ「引き出し」を持っているか?それが一番大事だと思います。
「引き出し」=指導のノウハウ、技術の豊富さ、戦略の多彩さ、人事管理の妙などです。
これらが優れていれば、生え抜きであるかどうかは問題にならないと思います。
しかし、なぜか巨人はその「純血」にこだわるのです。

ドラフト制度のない時代、巨人はその豊富な資金力に物言わせ、有望選手を独占しました。
そして、前人未到の9連覇を成し遂げたこともあったのです。
その時の記憶が、巨人上層部の頭の奥深くに染み付いていて、球界盟主という呪縛から心を解き放つことができないのではないでしょうか。

時代は変わりました。
幻想を追いかけていても、それをつかみ取ることはできません。
早く我に返り、周りをよく見て、自分たちに何が欠けているのかを判断しなければなりません。
そこから、本当のチーム作りが始まるのです。
「選手が悪い」
と言っているうちは、同じ過ちを繰り返すばかりです。

今後の展開に期待します。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

カナダGP

1 R.クビサ BMW Sauber 1:36:24.447
2 N.ハイドフェルド BMW Sauber 16.495
3 D.クルサード Red Bull 23.352
4 T.グロック Toyota 42.627
5 F.マッサ Ferrari 43.934
6 J.トゥルーリ Toyota 47.775
7 R.バリチェロ Honda 53.597
8 S.ベッテル Toro Rosso 54.120
9 H.コバライネン McLaren 54.433
10 N.ロズベルグ Williams 57.749
11 J.バトン Honda 1:07.540
12 M.ウェバー Red Bull 1:11.229
13 S.ブーデ Toro Rosso 1L
DNF G.フィジケラ Force India 19L

DNF 中嶋 一貴 Williams 24L
DNF F.アロンソ Renault 26L
DNF N.アンジェロ・ピケ Renault 31L
DNF K.ライコネン Ferrari 51L
DNF L.ハミルトン McLaren 51L
DNF A.スーティル Force India 57L


ダントツの速さで終始リードを守り、余裕で優勝できればそれに越したことはありません。
しかし、現代F1はそんなに甘くありません。
無敵とも思えるフェラーリでさえ、落とし穴はあるのです。

モナコもそうですが、今回のようにあらかじめアクシデントが多いとわかっているサーキットのレースは、いかに生き残るかが重要です。
当然の話ですが、最後まで走らなければ優勝はありません。
途中、どんなに素晴らしいラップタイムで周回したとしても、リタイヤしてしまっては何にもなりません。
こういうサーキットでは、いかに速く走るかよりも、いかにアクシデントを避け最後まで走っているかを考えることが勝利への近道なのです。

そういった意味では、今回のルイス・ハミルトンに対するペナルティーは致し方ないものでしょう。
ハミルトンは、素晴らしい速さを持っていますが、注意深さが不足していました。
彼はモナコを制していますが、自身のトラブルがなければもっと楽に勝っていたでしょう。
経験不足から来るものか?性格によるものか?
天は彼に二物を与えなかったのでしょうか。

ウィリアムズの中嶋は前戦のモナコ同様、落ち着いたレース運びをしていました。
一時は、3位を走行していて、表彰台さえ視野の中にあったのです。
私にとって理解できないのは、なぜ、ウィリアムズは彼に1ストップ作戦を取らせなかったのかということです。
結局3位表彰台は難しかったにせよ、上位入賞は十分望めました。
まあ、重いと極端に遅かったのかもしれませんが・・・・。

ロベルト・クビサとニック・ハイドフェルドには申し訳ありませんが、BMWが1−2フィニッシュしたという時点で、通常のレース運びではなかったということがわかります。そして、そういう荒れたレースで確実に生き残っている者こそが、栄誉を受ける資格を持っているのです。

ぜひ、中嶋にはそういうドライバーになってもらいたいです。
そして、佐藤琢磨はそういうレースができるドライバーに成長したと思います。
彼に必要なのは、それを証明するためのシートです。

ホンダさん。用意してくれませんか?

それでは。
posted by onaji_chorui at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

のど自慢

NHKのど自慢って見たことありますか?
日曜日のお昼頃に放送している番組です。
私、好きな番組はいろいろあります。
でも、この番組ほどに嫌いなものはありません。

見る方によっては、「面白い」であったり、「微笑ましい」と感じる番組なのでしょう。
私もそういう側面があることは認めます。
しかし、私がこの番組を嫌いな理由は別なところにあります。

NHKは公営放送です。
衛星放送ってありますよね。
あれを始めたのがNHKだということをご存知ですか?
離島などの遠隔地や難視聴地域、いわゆる「電波過疎地」をなくすために始めたのが衛星放送でした。
つまり、日本全国津々浦々、どこにいてもNHKが見られるようにとの配慮からです。
視聴者すべてを平等に扱おうということですね。
これは、NHKの考え方がいい方向に出た事例です。

で、私が嫌いなのど自慢です。

ここで、のど自慢のシステムを簡単に説明します。
まず、土曜日に予選会を行います。
この予選を通過した方のみが、日曜日に行われる本戦に出場できるのです。
そこでは、歌の上手さに応じて鐘の音が鳴らされ(上手なほど鐘の音が多い)、本当に上手な方にはたくさんの金の音が鳴らされ「合格者」と呼ばれます。
そして、その「合格者」の中から「今週のチャンピオン」が選ばれるわけです。
こうやって書くと、どこにでもありそうな番組構成ですね。
しかし、NHKは他とは違うのです。
のど自慢を見ているとあることに気付きます。

「なぜ、この人が予選を通過できたのだろう?」

どう聴いても、上手とはほど遠い。
そんな人が複数います。
一方で、「合格者」になる人は上手な人ばかりです。
いったいなぜ、お世辞にも上手とは言い難い人が、予選を通過できるのでしょうか?
もし、歌の上手な人の中から一番を選びたいのなら、うまいと思われる人だけ予選を通過

させればよいのです。
通常、予選とはそういうものです。
しかし、そういう考え方に当てはまらない人も予選を通過し、本選に出場しています。
ここに、私の嫌いなNHKの考え方があります。
最終的に選ぶ「今週のチャンピオン」は、あくまでも一番上手な人です。
しかし、NHKは民放とは違うというところを見せたいのでしょう。
あえて、子供やご年配の方、歌は上手ではないが振りが派手な人を織り交ぜて面白くしているつもりなのです(これを、上に書いたように、面白いとか微笑ましいと感じる方もいるでしょう。どなたかがそう感じることに対して異議を唱えるつもりは毛頭ありません。それはその人の自由ですから。)。
私に言わせれば、中途半端なのです。
本当に優秀さを競わせたいのなら、そのようにすればいい。
おもしろさを追求したいのなら、お笑い芸人のような人ばかりを予選通過させればいい。
それをどれも同時にやろうとするから、中途半端に見えてしまうのです。
もし、いろいろなタイプの出場者を予選通過させるのなら、「今週のチャンピオン」にも様々な人がいていいはずです。
一番動きが派手だった人とか、一番音程を外した人とか。
しかし、そうはなっていません。
あくまでも「今週のチャンピオン」は一番上手だった人です。
私は、このように番組の目的と過程の乖離が嫌いなのです。

嫌いな点はもう1つあります。
それは、司会のアナウンサーに関してです。
先に書いたように、出場者にはいろいろなタイプの人がいます。
それらの人を大きく分けると、次の3つの分けられると思います。
1.歌を聞かせたい人
2.ウケを狙っている人
3.それ以外の人
いろいろなタイプの出場者がいるにもかかわらず、アナウンサーの対応は一辺倒です。
1.の歌を聞かせたいと思っている(自分の歌に自信がある)人ばかりなら、紳士的な物静かな対応だけでもいいのかもしれません。
しかし、ウケを狙おうとして出ている人にまで、物静かな対応はどうでしょう?
せっかく出場者が会場を盛り上げようとしいる(実際に盛り上がっているかどうかは別問題です)のに、アナウンサーが冷静な対応をして会場の雰囲気を静めようとしているようにさえ見えてしまいます。
司会者としては、そういう出場者の気持ちを汲み取り、自らもバカになって一緒に盛り上げる努力をするべきだと思います。
そしてもし、幼児の出場者と話すときは、
「どこからきたんでしゅかぁ〜?」
なんていう風に赤ちゃん言葉で話すくらいしていいと思います。
一応、アナウンサーも自分なりに努力しているようには見えます。
でも、その努力が中途半端です。
なりきっていない、徹していないのです。
きっとその背景には、

「自分はNHKのアナウンサーである」

というプライドがあり、バカになったり、赤ちゃん言葉で話すことの妨げになっている気がします。

結局、どちらにしても中途半端、これに尽きます。
もし、そういう部分が変われば、私にとっても興味がわく番組になるかもしれません。


・・・・ところで、
ここまで読んでくださった方の中には、ある疑問がわいているかもしれません。

「なぜ自分の嫌いな番組の内容を知っているのか?」
「嫌いなら見ないはずでは?」

と。
確かに、その通りです。
私としては見たくありません。
しかし、この番組を放送しているのは日曜日のお昼時です。
そう、ちょうど昼食の時間帯です。
家族が食堂に集まって、お昼ご飯を食べている時なのです。
しかも、私以外の家族はのど自慢が好きです。
私は、仕方なく、付き合わされる形で見ているわでけです。
それで、いやでも内容がわかってしまったのです。
私としては、平日のお昼にでもやってほしいです。
その時私は、職場の食堂にいますから。

なかなか、思い通りにはいかないものですね。
それでは。
posted by onaji_chorui at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

モナコGP

本当にいろいろなことが起きたレースでした。
運の良かった人、悪かった人。
アクシデントの原因を作った人、巻き添えになった人。

モナコというコースの特殊性に加え、レース当初は雨が降っていました。
この雨が、レースをより難しいものにしたのです。

1 L.ハミルトン McLaren 2:00:42.742
2 R.クビサ BMW Sauber 3.0
3 F.マッサ Ferrari 4.8
4 M.ウェバー Red Bull 19.2
5 S.ベッテル Toro Rosso 24.6
6 R.バリチェッロ Honda 28.4

7 中嶋 一貴 Williams 30.1
8 H.コバライネン McLaren 33.1
9 K.ライコネン Ferrari 33.7
10 F.アロンソ Renault 1L
11 J.バトン Honda 1L
12 T.グロック Toyota 1L
13 J.トゥルーリ Toyota 1L
14 N.ハイドフェルド BMW Sauber 4L
DNF A.スーティル Force India 9L
DNF N.ロズベルグ Williams 17L
DNF N.アンジェロ・ピケ Renault 29L
DNF G.フィジケーラ Force India 40L
DNF D.クルサード Red Bull 69L
DNF S.ボーデ Toro Rosso 69L


このレース結果を見ただけで、荒れたレースだったことがうかがえます。
本当にいろいろあったのですが、私は2つの点に注目してみました。

1つは、エイドリアン・スーティルとキミ・ライコネンの事故です。
この事故に関して、キミ・ライコネンは批判にさらされています。
実は、レースでこういうアクシデントは珍しくありません。
しかし、レース後、キミ・ライコネンのコメントを聞いたとき、憤りを覚えたのは私だけではないでしょう。
キミ・ライコネンはインタビューの冒頭に謝罪の言葉を述べています。
でも、インタビューが進むにつれ、本当に申し訳ないという気持ちがあったのかどうか疑ってしまいしまた。
ライコネンは、
「スーティルも4位を失ったかもしれないが、自分も5位を失った」
と言ったのです。
確かにその通りです。
しかし、その原因を作ったのは自分の側です。
決してスーティルではありません。
それにも増して、スーティルが4位を失ったことと、ライコネンが5位を失ったことを同じ次元で語ることができるでしょうか?
近年のF1を分かっている方に言わせれば、
「ライコネン、何を言っているんだ?」
ということになりますよね。
キミ・ライコネンは2007年のF1ワールドチャンピオンであり、常勝フェラーリのエースドライバーです。
どのサーキットでも優勝の可能性を持ち、今回のようなアクシデントさえなければ表彰台は堅いところでしょう。
対して、エイドリアン・スーティルはといえば、スーパーアグリなきあと、最底辺に落ちた非力なチームです。
優勝はおろか、ポイント獲得さえ遥か遠い状態なのです。
そんな、チームがモナコでポイント獲得のチャンスに遭遇しました。
このチャンスをふいにされたとき、どれほどの悲しみや失望感が押し寄せたか?キミ・ライコネンには想像もできなかったかもしれません。
当然、キミ・ライコネンが失った5位よりも貴いものでした。
この先、2度とないチャンスだったかもしれないのですから。
まあ、エイドリアン・スーティルには黄旗中のオーバーテイクによるペナルティーの可能性がありましたので、あのままフィニッシュしても4位になれたかどうかはわかりません。
だからといって、スーティル本人してみれば悔やんでも悔やみきれないリタイヤだったでしょう。
本当にお気の毒としか言いようがありません。
キミ・ライコネンはそれほどのことをしたのです。

もう1つは、明暗を分けたウィリアムズの2人についてです。
エースであるニコラス・ロズベルグはフリー走行当初から速さを見せていました。
僚友の中嶋一貴はF1で初めて走るモナコです。
なかなか、ニコのタイムに近づけません。
この傾向は予選でも続きました。
決勝レースが始まってからもニコラス・ロズベルグは持ち前の速さで、前の車のオーバーテイクチャンスをうかがいます。
しかし、その速さがあだになったのか、何度もライバルと接触し、そのたびにビットインを余儀なくされていたのです。
仮定の話をしても仕方ないのですが、もしあれらの接触事故がなければ、ニコは表彰台に立っていたかもしれないのです。
ニコは結局自らのミスでマシンを壊し、戦列を離れることとなりました。
一方の中嶋は、依然ニコほどの速さを見せることはできないものの、ライバルたちの数々のアクシデントを尻目に、着実に順位を上げていきました。
そして、最終的には7位フィニッシュを果たしたのです。
彼の走りは、ウィリアムズチームに貴重な2ポイントをもたらしました。
今回のモナコで2人の内どちらが速かったのかといえば、ニコラス・ロズベルグに軍配が上がるでしょう。
しかし、どちらがチームに貢献したのかという質問なら、迷わず、中嶋と答えることができます。
どんなに速さを見せても、最後まで生き残ることができなければまったく意味がありません。
厳しい言い方ですが、プロの世界では結果が全てです。
そういた意味で、中嶋一貴は素晴らしいドライバーであるといえるでしょう。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

週刊化

誠に不本意ではございますが、このblogを週刊化することといたしました。
理由は、このblogを読んでくださっている方なら想像がつくかもしれません。
そうです。
スーパーアグリの消滅です。

スーパーアグリは、そして、佐藤琢磨は、私の希望でありモチベーションの原動力でした。
いま、その2つが同時に失われ、テンションが下がりきってしまいました。
もちろん、本人が語っている通り、佐藤琢磨はF1のシートを模索し続けるでしょう。
私は、彼がきっとレースシートを獲得してくれるものと確信しています。
ただ、急ぐ必要はありません。
何が一番自分にとってベストなのかを十分に見極めたうえで、納得してレースをしてほしいと思います。

その日が来るまで、私のモチベーションが復活するまで、週刊化することとします。
もっとも、今までも週刊と言えなくもない状況でしたが・・・・。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ポールリカールテスト

5月14日から始まったポールリカール合同テストは、全チームが参加しています。

1日目
1 L.ハミルトン McLaren 1'05.600 84L
2 K.ライコネン Ferrari 1'06.098 103L
3 R.クビサ BMW Sauber 1'06.177 124L
4 M.ウェバー RedBull 1'06.348 93L
5 S.ベッテル Toro Rosso 1'06.372 91L
6 N.ロズベルグ Williams 1'06.571 154L
7 A.ブルツ Honda 1'06.681 131L
8 T.グロック Toyota 1'06.936 93L
9 V.リウィッツィー Force India 1'07.346 106L
10 L.ディ・グラッシ Renault 1'07.430 146L

2日目
1 K.ライコネン Ferrari 1'05.381 102L
2 H.コバライネン McLaren 1'05.471 89L
3 R.クビサ BMW Sauber 1'05.905 135L
4 D.クルサード RedBull 1'06.001 82L
5 J.バトン Honda 1'06.091 155L
6 S.ブーデ Toro Rosso 1'06.125 110L
7 J.トゥルーリ Toyota 1'06.205 120L
8 N.アンジェロ・ピケ Renault 1'06.355 193L
9 中嶋 一貴 Williams 1'07.080 129L
10 A.スーティル Force India 1'07.104 66L
11 G.フィジケラ Force India 1'07.123 64L

最終日(ウエット)
1 J.トゥルーリ Toyota 1'31.360 26L
2 N.アンジェロ・ピケ Renault 1'31.634 60L
3 P.デ・ラ・ロサ McLaren 1'32.143 53L
4 S.ベッテル Toro Rosso 1'32.480 49L
5 F.マッサ Ferrari 1'33.246 19L
6 N.ハイドフェルド BMW Sauber 1'33.371 30L
7 S.ブエミ RedBull 1'34.064 16L
8 G.フィジケラ Force India 1'34.071 31L
9 J.バトン Honda 1'36.501 19L
10 A.スーティル Force India 1'43.877 13L
11 N.ヒュルケンバーグ Williams 1'44.741 35L

ウエットだった最終日は別として、終始、フェラーリとマクラーレンが強さを見せたテストでした。
次に続くのがBMWという点も変わっていません。
その次に位置するのは、どうやらトヨタではなくレッドブルのようです。
その後は混戦です。
トヨタもその中に飲み込まれています。
依然としてホンダも混沌を脱することは出来ていません。
ウィリアムズの中嶋もいまひとつですが、元気はあるようです。
その元気を絶やさず、さらに進歩してもらいたいです。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

東京最終日

5/17
この日は東京をあとにする日です。
でも、飛行機の時間まではまだ余裕があります。
私は、久しぶりに秋葉原に行ってみることにしました。

秋葉原へは、以前にも何度か行ったことがありましたので、道中迷いはありませんでした。
お昼少し前に秋葉原に到着しました。
久しぶりに来た秋葉原は人・人・人です。
日本人はもちろん、アメリカ人らしき人やアジアの人達もたくさんいました。

私は、大きな通り沿いに歩いた後、狭い通りに入っていきました。
別に、怪しいというわけではなく、面白いものを山積みにしているお店が軒を連ねています。
見るものすべてが珍しく、時間を忘れて見入ってしまいました。
お昼は、駅そばのバーガーショップで大きなハンバーガーを食べました。

時間はあっという間に過ぎ、空港に向かうべき時間が来ました。
同僚に頼まれたものを手に入れ、秋葉原を後にしました。
山手線で浜松町まで行き、モノレールに乗り換えて羽田空港に向かいました。
私が乗ったモノレールは偶然にも、空港に直行するものでした。
停車するのは、羽田第1ターミナルと第2ターミナルのみです。
おかげで予定よりもだいぶ早く空港に到着しました。
「さて、どうしよう」
飛行機の時間までは、まだかなりあります。
とりあえずは、チェックインを済ませることにしましょう。
荷物を預けようか迷い、結局、機内に持ち込むことにしました。
その方が、到着地で荷物を待たずに出て行くことが出来ますから。

チェックインを済ませ、一休みすることにしました。
そばのベンチに腰掛け、ボーっと30分。
座っているのも飽きてきたので、その辺を散策することにしました。
あまり見るところもなく、手荷物検査を受けて、出発ゲートに入ることにしました。
特に何もなく、検査を通過し目的のゲートに向かいました。
まだ時間があったので、コーヒーショップでカプチーノを飲みながら、ぼんやりとテレビを見ていました。
ゆっくりとした時間が流れ、出発時間となりました。
飛行機に乗り込み、いざ帰路へ!

それにしても、飛行機は好きになれません。
何度乗っても、離陸と着陸のときは緊張します。
飛行機なんて、もう何十回も乗っているのに・・・・。
無事着陸、到着ロビーに出るとパートナーが迎えに来てくれました。
やっと帰ってきたという感じです。
自分にご苦労さん。
それでは。
posted by onaji_chorui at 17:54| Comment(0) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

東京3日目

5/16
朝8:20、丸ビル前集合。
地図は持っていましたが、私は、
「丸ビルってどこ?」
という状態でしたので、少し早めにホテルを出ることにしました。

7:15にホテルを出て、地下鉄を乗り継ぎ、7:40頃には集合場所と思しきところに到着しました。
なんとなく、私と同じ目的で来ているらしい人達が数人います。
私としては、本当にここでいいのか自信が持てず、何度も地図と周りを見比べていました。
そんなことをしている内に、1台のバスが目の前に停車しました。
バスの前方を見ると、
「〜〜会」
という文字が。
それを見て、集合場所に間違いないことがわかり、ほっと一安心です。
受付をして早速バスに乗り込みました。
連れ(別のホテルに宿泊)はまだ来ていません。
他の人達はどんどん集合してきます。
「連れはどうしたんだろう?」
「まさか、遅れてくるとか?」
などと考えているうちに、連れが来ました。
集合時間5分前でした。
もちろん、連れは遅れてはいません。
私が気をもんだだけです。
しかし、遅れてきた人もいました。
おかげで、出発が少し遅れました。

工場見学は楽しかったですよ。
2箇所回ったのですが、どちらも見学コースというものがあって、女性の方が案内してくれました。
どちらも、見学の後に質疑応答時間を設けてくれ、最後にはちょっとしたお土産を渡してくれました。
後は、バスで再び東京駅に帰るだけです。
約1時間後、バスは東京駅に到着し解散しました。

私は、
「疲れたから帰る」
という連れと別れて、八重洲ブックセンターに向かいました。
出張前にパートナーがネットで見ていた本屋さんです。
見つけるのに少し時間がかかりましたが、行ってみて正解でした。
地上8階、地下1階の合計9フロアーに本がびっしりです。
私の街には、これほど大きな本屋さんはありません。
2時間くらいかけて全部のフロアーを回りました。
ちょっと疲れたけれど、面白かったです。

本屋さんを歩き回って、おなかが空いた私は、近くの中華料理屋さんでチャーハンを食べました。
角煮チャーハン、850円也です。
おなかも一杯になり、少々疲れも覚えてきたので、ホテルに帰ることにしました。
地下鉄を乗り継ぎ、通いなれた道を通ってホテルに到着しました。
お風呂に入って、ビールを飲んで寝ました。

次の日は東京をあとにする日です。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

東京2日目

5/15
この日は、ある会館で某研究発表を聞きました。
私の職場の仕事と、
「似て非なるもの」
の話を延々1日聞いて疲れ果てました。
中には面白い話もありましたけどね。
それ以外の発表時間、私は眠気と必死の格闘をしていました。
危うく敗れ去るところでした。
途中、昼食と3時のティータイムをはさんで研究発表は続きました。

午後4時頃、ようやく終わり、東京の職場に顔を出しました。
初めて見る顔、久しぶりに見る顔、いろいろです。
上層部から順にあいさつ回りをして、全部回り終えたのは30分後です。

そうこうしている内に、終業時刻です。
その日は、遠くから来た私と他1名のために、飲み会を設定してくれました。
午後6時から始まった飲み会は、11時頃まで続き、みんなも私も飲みすぎました。
終電のこともあるので、この辺でお開きです。
私も電車に乗ってホテルに帰りました。

次の日は工場見学です。
東京駅に朝8:20集合です。
お風呂に入って寝ました。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

東京1日目

5/14
今日は移動だけです。
といっても、職場でほとんど終業時間まで働いた後に飛行機に乗りました。
羽田空港に着いたのは21:30頃、ホテルに着いてたのは22:30頃でした。

私が泊まったホテルは、都営新宿線・曙橋駅のすぐそば、ブーゲンビリアという名前のホテルです。
中央大学ロースクールの隣でした。

昼間はそれなりに人の賑わいがあるのでしょうが、夜の10時頃ともなると人通りはほとんどありません。
近くのファミリーマートでお茶を買ってホテルに向かいました。
途中、
「たぶんこれが曙橋かな?」
と思われる橋の下に、路上生活者がいました。
足早に通り過ぎ、ひたすらホテルを目指します。

あらかじめ、ホテルの地図はネットで検索して印刷してありました。
それを頼りにホテルを探します。
その地図はマンガ絵だったので、おおよその方向はわかっても、距離感がつかめません。
とりあえず、方向は間違いないだろうということで進みました。

ホテルは、案外あっけなく見つかりました。
って、地図があるから当たり前かもしれません。

ホテルには、あらかじめ遅くなることは伝えてありました。
チェックインを済ませ、宿泊料を前金で払います。
手続きを終わらせ、エレベータに乗り込み、部屋の扉を開けて入りました。

「案外広いじゃん」

これが第一印象です。
ビジネスホテルによくある、ベッドを置いたら他には何も置けませんというような部屋ではありませんでした。
シングルベッドを2つ置いても、まだ余裕があるくらいです。
置いてあるベッドはセミダブルでした。

次の日の準備をして、お風呂に入った後寝ました。
次の日に備えて早寝です。
起床予定は7:30です。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

東京出張

5/14から東京出張です。
今回の目的は、某研究発表を聞きにいくことです。
私は今回が初めての出席ですが、この会の歴史は古いそうです。
私の職場の先輩は、もう何年もこの研究発表会に出席しているそうです。

そして、次の日は工場見学です。
2箇所回る予定です。
さて、どんな工場なのか楽しみです。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

遠慮しすぎかな?

トルコGPをスタート直後に終えた中嶋一貴はレース後に以下のようにコメントしています。

「何が起きたのかわからなかった」
「突然後方から強い衝撃があった」
「ピットに戻ったがリタイアするしかなかった」
「レースペースがつかめていたので残念だ」


フィジケラに対する恨み言はありません。
ルーキーらしいさわやかなコメントと言えばそれまでですが。

私は、もっと闘争本能をむき出しにしてもいいと思います。
汚い言葉を使う必要はありません。
的を射た批判であれば、その批判を批判するのは相手チームとフィジケラだけでしょう。
そういう点では、もっと強く出てもいいと思います。
もっと言えば、そうするべきだったと思うのです。

日本人の中には奥ゆかしさを尊ぶ風習があります。
いわゆる「不言実行」というやつです。
この考え方も決して悪くはありませんが、一番好まれるのは「有言実行」です。
何も言わないと、何も考えていないと勘違いされかねません。

言うべきことは言う。
これが出来るようにするためにも、戦績を上げていくことは重要です。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

トルコ決勝

レースが終わったようです。
どこかのドライバーが優勝しました。
誰かがポイントを獲得しました。

1 F.マッサ Ferrari 1:26:49.451
2 L.ハミルトン McLaren 3.779
3 K.ライコネン Ferrari 4.271
4 R.クビサ BMW Sauber 21.945
5 N.ハイドフェルド BMW Sauber 38.741
6 F.アロンソ Renault 53.724
7 M.ウェバー Red Bull 1:04.229
8 N.ロズベルグ Williams 1:11.406
9 D.クルサード Red Bull 1:15.270
10 J.トゥルーリ Toyota 1:16.344
11 J.バトン Honda 1L
12 H.コバライネン McLaren 1L
13 T.グロック Toyota 1L
14 R.バリチェロ Honda 1L
15 N.アンジェロ・ピケ Renault 1L
16 A.スーティル Force India 1L
17 S.ベッテル Toro Rosso 1L
DNF S.ブーデ Toro Rosso 34L

DNF 中嶋 一貴 Williams 57L
DNF G.フィジケラ Force India 57L

印象に残ったのは、中嶋の不運だけでした。

はじめから結果がわかっている上に、応援するチームがいないF1なんて・・・・。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

トルコ予選

結果です。

1 F.マッサ Ferrari 1:27.617
2 H.コバライネン McLaren 1:27.808 0.191
3 L.ハミルトン McLaren 1:27.923 0.306
4 K.ライコネン Ferrari 1:27.936 0.319
5 R.クビサ BMW Sauber 1:28.390 0.773
6 M.ウェバー Red Bull 1:28.417 0.800
7 F.アロンソ Renault 1:28.422 0.805
8 J.トゥルーリ Toyota 1:28.836 1.219
9 N.ハイドフェルド BMW Sauber 1:28.882 1.265
10 D.クルサード Red Bull 1:29.959 2.342
11 N.ロズベルグ Williams 1:27.012
12 R.バリチェロ Honda 1:27.219
13 J.バトン Honda 1:27.298
14 S.ベッテル Toro Rosso 1:27.412
15 T.グロック Toyota 1:27.806

16 中嶋 一貴 Williams 1:27.547
17 N.アンジェロ・ピケ Renault 1:27.568
18 S.ブーデ Toro Rosso 1:27.621
19 G.フィジケラ Force India 1:27.807
20 A.スーティル Force India 1:28.325


佐藤琢磨やスーパーアグリが抜けた穴を中嶋一貴一人に期待するにはまだ荷が重過ぎます。
もう少しだけ長い目で見てあげましょう。
出来れば、ニコラス・ロズベルグとの差を0.3秒以内に納めてほしいですね。
そして、順位もロズベルグのすぐ後ろにいることが重要です。
可能なら、たまに前にいれば完璧です。
それが出来れば、来期以降もウィリアムズのシートに座っているでしょう。

ホンダにはがっかりです。
グランプリ前、このサーキットはホンダに合っていると言っていたのです。
しかし、両ドライバーはバランスに苦しんでいます。
レースペースはさらに心配です。

それにしても、ため息ばかり出る今日この頃です。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

トルコフリー走行

3回目の結果です。

1 M.ウェバー Red Bull 1:27.030
2 F.アロンソ Renault 1:27.172
3 D.クルサード Red Bull 1:27.193
4 N.ロズベルグ Williams 1:27.365
5 F.マッサ Ferrari 1:27.530
6 J.トゥルーリ Toyota 1:27.614
7 L.ハミルトン McLaren 1:27.658
8 T.グロック Toyota 1:27.733
9 J.バトン Honda 1:27.766
10 N.アンジェロ・ピケ Renault 1:27.781
11 K.ライコネン Ferrari 1:27.837
12 H.コバライネン McLaren 1:27.849
13 S.ベッテル Toro Rosso 1:27.899
14 R.バリチェロ Honda 1:27.946
15 S.ブーデ Toro Rosso 1:27.948
16 R.クビサ BMW Sauber 1:27.971

17 中嶋 一貴 Williams 1:28.301
18 G.フィジケラ Force India 1:28.573
19 N.ハイドフェルド BMW Sauber 1:28.655
20 A.スーティル Force India 1:29.131


F1を見るモチベーションが下がります。
スーパーアグリが走っていないという現実。
頭ではわかっていても、気持ちが納得していない・・・・。
スーパーアグリファンの方はみな同じ気持ちではないでしょうか。

当面の期待は、中嶋一貴だけです。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

改めてSAF1撤退に思うこと

もう、スーパーアグリのマシンがサーキットを走ることはないのです。
そんなことって信じられますか?
1ファンとしても、にわかには受け止めがたいことです。
私としても、まだ気持ちの整理がついていませんが、撤退を聞いた当初よりはだいぶ落ち着いてきました。
冷静さを取り戻しつつある今、皆さんと考えていきたいと思います。
なぜ、こんなことが起きたのか?
そして、これからのことを。

そもそも、スーパーアグリF1チームの誕生は難産でした。
産声を上げることすらできないかもしれない。
当時は、そんな状況だったのです。
しかし、鈴木亜久里代表やホンダの支援を受けて何とかチームは船出したのです。
考えてみれば、スタート時点から一悶着(ひともんちゃく)あったチームでした。

しかし、我々ファンには吉報でした。
この当時は、佐藤琢磨がホンダのシートを失い、その去就に注目が集まっていたからです。
実は、スーパーアグリF1チーム参戦と佐藤琢磨のドライブ決定に関しては、ファンの間でも賛否両論でした。
賛成する理由としては、言うまでもなく、佐藤琢磨の居場所ができることです。
ホンダのシートを失った佐藤琢磨には、いくつかの選択肢があったそうです。
その中にはF1のレースシートもあり、ミッドランド(後にスパイカー、現フォース・インディア)という選択肢もあったとか。
しかし、佐藤琢磨はあえて茨の道を選びました。
普通、競争力を考えればまったく新しいチームより、既存のチームのほうが勝っていると考えるのが当然です。
この場合、ほとんどのドライバーはミッドランドを選択するのではないでしょうか。
結局、佐藤琢磨はスーパーアグリからの参戦を決意し、わずか2年目にしてポイント獲得を果たすまでに成長させたのです。
この調子でいけば!
ファンは誰もがそう感じました。

反対する理由としては、佐藤琢磨がF1のシートを失ったことへの責任追求を回避するため、ホンダが無理やり作らせたチームであるとの評価がもっぱらであったためです。
このことについて私は、当たってもいるがはずれでもあると思っています。
当たっていると思う点は、佐藤琢磨のシート消失が競争原理から言えば仕方のないこととはいえ、日本で絶大なる人気を誇る選手を失うこと自体は痛手であったはすです。
しかし、その選手が関連チームのシートに座れば、引き続きサポートを続けられるし、非難の矛先を少しはかわすことも出来ます。
ホンダチームにそういう考えがまったくなかったとは思いません。
外れていると思う点は、無理やり作ったというところです。
かねてから、鈴木亜久里氏はF1チームを持ちたいと公言していました。
その熱意とホンダの思惑がちょうどいいタイミングで一致したのです。
F1において、物事が決まる瞬間なんてこんなものです。
非常に大きなことがある日突然決まるのです。
それがF1の世界です。

そんなこんなでスタートしたスーパーアグリですが、メインスポンサーの裏切りにより、急速に力を落としていきました。
その後については皆さんご存知の通りです。

ここで終わってしまうのは非常に残念です。
佐藤琢磨がいたチームだから?
国産F1チームだったから?
理由はそれだけではありません。
実際、スーパーアグリは競争力を見せました。
昨年は本家ホンダチームと同等の力を見せたのです。
資金力では比較のしようもないチーム同士がです。
コストパフォーマンスという点から見れば、スーパーアグリはかなり上位に位置したのではないでしょうか。
スーパーアグリは、「ある程度」の資金さえあればそこそこの走りが出来るチームだったのです。
そういうチームがなくなってしまったのが残念でならないのです。

しかし、過ぎたことを嘆いていてもどうしようもありません。
問題はこの後どうするかです。

まず、真っ先に考えることはドライバーの今後です。
佐藤琢磨、アンソニー・デビッドソン両ドライバーとも引退の意思がないことを表明しています。
しかし、現実は厳しいです。
特に、アンソニー・デビッドソンは結果を残していません。
彼が今後F1でのシートを見つけることは極めて厳しいと言わざるを得ないでしょう。
佐藤琢磨にしても、決して簡単なことではありません(これもかなり控えめな言い方です)。
誰もが思いつくこと、それは、ホンダへの復帰です。
出来れば、私もそれが一番いいと思いますが、どうなるでしょう?
もし戻れるとしても、2009年からということになるでしょう。
今年は、ホンダのテストドライバーか・・・・。

また、チームのホームページはまだ残されています。
近いうちに消されてしまうのでしょうか。
チームグッズの販売はどうなるのでしょう?

気になることはたくさんあります。
それもこれも時間が解決してくれることと思いつつ、時を待ちたいと思います。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

スーパーアグリの終焉

われわれファンは、忍び寄る足音におびえながらもチームを信じていました。

「このままではいけない」
「何とかしないとチームがなくなってしまう」

おそらく、どのファンの心の奥底にもこの不安な気持ちが渦巻いていました。
しかし、それをあえて口に出すことはありませんでした。
その不安を口に出してしまうと、それがきっかけとなってすべてが崩れ去ってしまいそうで・・・・。

しかし、当然のことながら我々ファンがチームを救済する力を持つはずもなく、無常にもXデーが訪れてしまいました。

2008年5月6日。

ついに、スーパーアグリF1チームからF1撤退のメッセージが発せられたのです。
一番恐れていた、そして、そうなる可能性が高いと思っていたことが現実のこととなったのです。
もしこのことが、他のメディアから流れてきた情報であったなら、デマや早とちりの報道である可能性もありました。
しかし、スーパーアグリ本体から発せられた情報である以上、事実であると受け止めざるを得ません。
悲しい、悔しいことではありますが、現実として認めなければならないでしょう。

スーパーアグリがF1活動に終止符を打たなければならなかったことについてはもちろん、鈴木亜久里代表やチームクルーの今後、そして、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの去就など、思うところはたくさんあります。
が、あえて、今は書かないことにします。
そうしないと、感情に任せて過激なことを書いてしまいそうですから。
それらのことに関しては、頭を冷やしてから書かせていただきます。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

スーパーアグリに欠けていたもの

足りないものだらけっていう落ちはなしです。
マシン開発に関わるリソースが不足していることは、初めからわかっていました。
というより、ゼロからのスタート。
生まれた間もないチームですから仕方がないと思います。

経験も当然そうです。
初めから3回目だという人は存在しません。
あのフェラーリやマクラーレンだって、最初はスーパーアグリのようだったと思います。
経験がないことを嘆いても仕方ありません。
チームとしての経験はどうしようもありませんが、個人の経験なら手に入れることが出来ました。
F1経験を持っているスタッフを招き入れればいいのです。
これは、スーパーアグリだけでなく、多くのF1チームが行っていることです。

いくら、新しいチームといえど、ずぶの素人ばかりではどうにもなりません。
やはり、F1の経験を持つ人がそうでない人を引っ張っていくしかありません。
それが、鈴木亜久里代表であり、ダニエル・オーデットであり、佐藤琢磨の仕事でした。

結局、スーパーアグリF1チームは2シーズンと少しを戦い抜きました。
この2年間は比較的、目標通りに成長してきたと思います。
ただ、底辺から抜け出すことは比較的容易でも、中段以上に上がるのは至難の業でした。
それをやるためには、すべてをどん欲に求めなければなりません。
本当にすべてを・・・・。
資金、スタッフ、ファクトリー、スポンサー、ドライバー、人脈、信頼、政治力。
どれも一朝一夕に手に入るものではありませんね。
F1撤退の直接原因は資金不足でした。

しかし、なぜ資金が不足したのかを考えるとき、ホンダとの関わり方は重要なキーポイントです。
今日のF1では、メーカー系チームがしのぎを削りあっています。
プライベートチームが付け入る隙はありません。
もし、ホンダが自チームを持たず、エンジンサプライヤーとしてのみスーパーアグリと組んでいたら、事態はまったく変わっていたでしょう。
スーパーアグリが上位チームになっていたかはわかりません。
でも、こんなに早くF1撤退ということにはならなかったはずです。
そういった意味では、スーパーアグリに欠けていたものとは、メーカーの確かな後ろ盾だったのかもしれません。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

スーパーアグリ、パドック入場拒否さる

いったいどういうことでしょう?
F1にエントリーしているチームのトランスポーターがパドックに入ることを拒否されるなんて!
私が知っている範囲では、初めてのことです。

チームクールはサーキットに到着していましたが、トランスポーターが入れないため準備が出来ない状態です。
また、この時点ではマシンはまだ英国内に置いたままの状態でした。
なぜ?
と思いますよね。
実は、第4戦スペインGP参戦のため、スーパーアグリはホンダの緊急支援を受けていました。
ホンダにとっては予定外の出費であり、このためにスーパーアグリのマシンはホンダの管理下に置かれていたのです。

そして、今回の騒動で重要なポイントは、入場拒否のきっかけを作ったのがホンダF1のCEOであるニック・フライだったということです。
インターネットでも話題になっている通り、多くの人が思ったことを私も感じました。
それは、
「なぜ、ニック・フライが?」
ということです。
これも多くの方が言われていることですが、ニック・フライはホンダF1チームのCEOであって、ホンダ本体の人間ではありません。
そのような立場の人間がなぜ他のチームの機材搬入を阻止できるのでしょう?
しかし、それが有効に機能していたのです。

このニュースに触れたとき、私はスーパーアグリF1チームの1ファンとして、物事を冷静に見ることが出来ず、怒りを覚えてしまいました。
しかし、少し時間を置いてみると、ニック・フライ個人やホンダF1チームだけの判断でこのようなことを出来るはずがありません。
背景には、ホンダ本体の意思があったはずです。
そう思うと仕方のないことなのかとも思ってしまいます。
もちろん、スーパーアグリのファンとしてはなんとしても出走してほしいと思います。
本当に複雑な気持ちです。


ところで、スーパーアグリに関しては、F1史上初の出来事がいくつかあります。
1つは言うまでもなく、井出有冶のスーパーライセンス剥奪です。
これは本当に残念なことでした。
確かに、彼にとっては準備不足でした。
しかし、それは彼個人の問題ではなく、チームの問題でした。
井出有冶としては、チームのツケを払わされたようなものです。
事情を知らない人から見れば、なんと不名誉なことかと思われるかもしれませんが、そんなことはないと思います。

そしてもう1つは、今回のパドック入場拒否(過去に同様のケースがあったのかは調べていませんが・・・・)です。
これ以外にも、純国産チームであるなどのことがあります。


そのようなことはありますが、何とかこの問題を解決して、レースに参加してもらいたいと思います。
それがファンの切なる願いです。
それでは。
posted by onaji_chorui at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。